外国為替市場は株価とどのような関係にあるか

日本ではなぜか為替相場が円高になると株価が下がり、経済状況が悪くなると考え、円安になると株価が上がり、経済状況がよくなるというような神話じみた定説があります。

確かに今までの日本では輸出で稼いでいた企業が多く、その企業にとっては円安よりも円高の方が都合がいいことでしょう。しかしながら現在では、円安になったとしても大きな貿易黒字が出ることは少なくなっています。これは中国をはじめとする新興国の安い人件費や安い土地などによる国際競争が増してきていることで日本の輸出額が伸びにくくなっているからと思われます。

輸出と輸入が拮抗してくると円高と円安もメリットデメリットが拮抗することとなります。

今では、東京株式市場においても半分以上が外国人の取引となっており、外国人にとっては円安は為替差損が生じる事態となり、日本株を売る動機になってしまいます。

ある程度の円安はメリットですが、円安が進んでくると、株安や債権安も呼び込み、結局はいわゆるトリプル安の日本売りという状況になりかねません。

円安が進むと原料高をまねき、企業利益の圧迫と個人消費の圧迫が起こります。その上、発電の燃料などをほとんどすべて輸入している日本にとって円安は少なくともこれからは歓迎すべき事態ではないのです。

オンラインで株式投資をするのにぴったりで今一番オススメのネット証券を徹底的にレビュー。こちらのネット証券比較が取引手数料や取引ツール取扱商品などを比較しています。