徹底したリスク管理が勝利への近道

基本的な考え方として、FXのようなリスクの高い金融商品で取引する目的は、ズバリ言って儲けるためです。為替が変動することによって得られる為替差益もしくはスワップ金利による利息収益を得ようとします。

場合によっては両方を狙って取引することもできます。しかし、為替差益を狙いながらスワップ金利を狙うのはあまりお勧めできませんし、私もほとんどしません。あくまで、おまけ程度に考えるべきです。損切りすべきところなのにも関わらず『スワップ金利がつくから』と先延ばししてしまう要因になりかねないからです。その結果、短期売買が気がつけば中長期で投資することとなります。

ほんの少しのスワップ金利を狙ったばかりに大きな為替差損を被ることになっては本末転倒です。こういったこともあって、FXは一時的に儲けることは意外と簡単ででも、長期的に稼ぐことが難しいとされているのです。

こういった心理の背景にあるのが、儲けたい気持ちと、損をしたくない気持ちが常に相反している点です。その事が、常に心を揺れ動かします。

揺れ動く心は、投資判断に影響しがちです。儲けたい気持ちと損したくない気持ちのバランスをしっかりととるこそ、損をしないためには重要なんです。